修善寺温泉 石亭 鬼の栖


​修善寺温泉といえば、伊豆の名湯として名高い温泉です。

また、修善寺の街も、伝統が息づいている温泉街として、とても趣きのある街です。

そんな温泉街の一角に、外観からして、歴史を感じさせるたたずまいで、格式高い雰囲気を漂わせているのが、「修善寺温泉 石亭 鬼の栖」さんです。

こちら⇒鬼の栖


それもそのはず、大正から昭和にかけて、当時有名だった芸術家さんたちが、常宿にしていたんだそうです。

たとえば、岡本太郎さんとか、竹久夢二さんとか。

そういった方々の作品とかも、展示されていたりするので、ファンの方なら、感動モノなのではないでしょうか。

こちらは、会員制の料亭だったっていう歴史もあるようですね。


鬼の栖さんで、見事なのは、庭園。

とても手入れの行き届いた日本庭園。

日本人として、こちらのお庭は、見ておきたい文化ではないかって、思います。


鬼の栖さんの、宿泊する場所は、「離れ」。

全部で10室。

また、その「離れ」に向かうまでもが、

日本庭園の小路の中を、石畳をなぞりながら・・・

風情たっぷり。

これが、日本の古き良き伝統なんだなって感じます。

 

どちらの「離れ」も素晴らしい数寄屋造り。

一軒屋。

中は、広々とした和室。

そして、障子を開けると、庭が・・・

すばらしい景色なんですね。


ここなら、時間さえ許せば、何時間でも、眺めていられるって、思ってしまいます。

こちら⇒鬼の栖


鬼の栖さんの、それぞれの「離れ」には、内湯が引かれています。

こちらで、誰に気兼ねすることなく、ゆっくりと温泉に浸かることができます。


鬼の栖さんには、大浴場も用意されているので、ゆったりと、手足を伸ばして、湯浴みを楽しむこともできます。

露天風呂もあるので、自然を味わいながら、楽しむこともできます。


泉質は、アルカリ性単純温泉。

お湯は、とても肌に優しい泉質といわれていて、

思わず長湯をしても、安心なんだそうです。

 

鬼の栖さんの自慢は、料理。

料亭旅館ですから。

京風懐石料理。

前菜、お造り、お椀、焼物、強肴・・・

どれもこれもすばらしい料理ばかりです。

素晴らしい景色と、温泉、そして料理。

どれをとっても一流です。

こちら⇒修善寺温泉 石亭 鬼の栖

 

宿の口コミ

旅館やホテルなどの宿泊施設が最大72%OFF

 


© 2017 修善寺温泉 石亭 鬼の栖 rss