草津温泉 喜びの宿 高松

 


​草津といえば、温泉。

そして、必ず立ち寄るのが、「湯畑」。


この地に旅に来たのなら、

間違いなく、この場所は、見ることになります。


立ち込める硫黄の香り。

冬なら、雪かと見間違えるほどの湯畑。

ここを、眺めないと、来たかいがないほど。


知らなかったのは、そんな有名な湯畑を、源泉として、宿に引き入れているお宿って、少ないんだっていうこと。

あれだけ、街のシンボル的存在の源泉なのに・・・


そんな貴重な源泉を味わうことができるお宿が、「草津温泉 喜びの宿 高松」さんなんだそうです。

こちら⇒草津温泉 喜びの宿 高松


この地で、すでに60年以上の老舗旅館。

客室が、全部で104室もあるので、堂々たるお宿です。

 

そして、あの湯畑から、徒歩で5分程度で、到着するほど、近いんですね。

これだけ近いからこそ、引き湯ができるんですね。


特筆すべきは、喜びの宿 高松さんの温泉は、「源泉かけ流し」。

さらに、湯畑源泉は、50℃以上あるらしいのですが、

その源泉を、自然の空気にさらしながら、冷まして、

そのままを、湯船に供給しているということで、

「正真正銘、100%、源泉かけ流し」っていうこと。


そこまで、言われたら、温泉好きとしては、

浸かりたい、味わいたい、楽しみたい・・・

こちら⇒草津温泉 喜びの宿 高松

 

もう一つ、うれしいのは、このお宿では、一晩中、入浴ができるっていうところ。

(男女の入れ替えの時間は、ダメですが・・・)


100%源泉かけ流しっていうことで、

温泉の成分としては、強め。

よく見ると、「湯の花」が、浮いているんですね。

 

入浴してみると、意外に「肌当りが柔らかく」、

湯上りの肌は、さらっとするんだそうです。

(個人差がありますが・・・)

 

もう、行くしかないでしょう。

こちら⇒喜びの宿 高松 JTBトラベル

こちらも⇒喜びの宿 高松 るるぶトラベル

 

宿の口コミ

旅館やホテルなどの宿泊施設が最大72%OFF

 

 

 

© 2017 草津温泉 喜びの宿 高松 rss