粟津温泉 喜多八<石川県>

 


​北陸の名湯と歌われる粟津温泉。

その開湯は、なんとさかのぼること、1300年前にも、なるんだそうです。

奈良時代に、霊峰白山を開いたといわれる泰澄大師が、発見したんだそうです。


そんな粟津温泉に、料理が自慢のお宿として、その名をとどろかせているのが、

粟津温泉 喜多八さん


喜多八さんは、先代が、魚屋さんだったっていうことで、

お魚が、とってもおいしいっていう伝統を引き継いでいるんだそうです。

そのおいしさに、温泉目当てはもちろんのこと、

こちらの料理を目当てに、来られるお客さんが、多いんだそうです。

こちら⇒喜多八

 

外観も、とても優雅。

庭園の木立に囲まれて、見えるか見えないかっていう具合に、

隠れているところが、なんとも奥ゆかしいたたずまい。


中に入ると、そんな外観とはうってかわって、

広々としています。

これなら、ゆったりと心置きなく、過ごせそう。


お部屋は、和室。

こちらも、広々。

そして、広縁も、こんなにっていうほど、広くとられているので、ゆっくりできます。

 

喜多八さんの温泉は、自家源泉。

玄関のすぐ横から、湧出しているんだそう。

豊富な湯量も、自慢だそう。


泉質は、単純温泉。

効能は、神経痛、関節痛、冷え性など。


美肌の湯としても有名なので、女性には、うれしい限り。

 

こちらのお宿の自慢は、料理。

地元の市場に、毎朝出かけていって、

直接仕入れてくるので、旬の食材を、一番おいしく料理して、出してくれます。


なんといっても新鮮な日本海の幸。

そのボリュームが、間違ってませんかっていいたくなるほど。

そして、新鮮。

仕事が、丁寧。

確かに、料理が目当ての常連さんが、たくさんいるっていうのも、わかります。

こちら⇒粟津温泉 喜多八<石川県>

 

宿の口コミ

旅館やホテルなどの宿泊施設が最大72%OFF

 


© 2017 粟津温泉 喜多八 rss