浅草九倶楽部

 


​「浅草九倶楽部」・・・(あさくさここのくらぶ、って呼ぶんだそうです。)

なんか、とてもユニークな複合施設なんだそうです。

「観」、「食」、「泊」の融合なんだとか。


まず、「観」は、観劇。

シアター、舞台。

客席と舞台の一体感。

近いんですね、とても。

それに、席も130席程度しかないので、いわゆる小劇場的色合いが濃い雰囲気。

それこそ、舞台上の汗とか、飛んできそうなほど。


「食」は、ZAKBARANっていうカフェ。

コンセプトは、江戸のグルメを「ざっくばらん」に楽しんでほしいっていう。

江戸情緒が、いっぱい。

でも、雰囲気としては、バル(BAR)のイメージ。

究極の和洋折衷かもしれないですね。

ここは、外国人は、とても喜びそうなお店ですが、

日本人が行っても、間違いなく楽しむことが、できるはず。


「泊」は、ワイヤードホテル浅草。

できたばかりっていうことで、

もちろん、どこもかしこも真新しい。

できばかりは、なんにしても、いいものです。

2017年4月1日から。


どうも最上階の特別室(ペントハウス)が、すごいことになっているらしいです。

最上級のインテリア。

そして、窓からは、浅草の景色一望と、スカイツリー。

インテリアも超一流なら、眺望も、負けず劣らず。

ところが、そんなお部屋も、5万4,000円ぐらいで、宿泊できるらしいです。

意外に割安かも知れないですね。


ホテルのお部屋は、他にも、いろいろなタイプが、取り揃えられているので、

もっと、リーズナブルに宿泊できるお部屋も、たくさんあるらしいです。

こちら⇒WIRED HOTEL ASAKUSA

 

宿の口コミ

旅館やホテルなどの宿泊施設が最大72%OFF

 


© 2017 浅草九倶楽部 rss